人工木材のウッドデッキが人気!人工木材にはどんなメリットが?

バルコニーにウッドデッキで部屋を広く使う

木の床

バルコニーにウッドデッキを敷き詰めると、部屋を広く使うことができます。一戸建てではなくても、アパートやマンションの2階以上のバルコニーの床に、人工木のウッドデッキを設置する使い方があります。人工木のウッドデッキの床材を選ぶことで、ウッドデッキを長持ちさせることができます。バルコニーに簡単に取り付けることができる、バルコニー用のウッドデッキが販売されています。耐久性や耐候性があるので、天然木のような経年劣化が気にならなくなります。
窓を開けると、部屋の床とバルコニーのウッドデッキが続いているように見えます。部屋が広く感じ、開放的な気持ちになります。そして、さみしい感じのするバルコニーが庭のような雰囲気になります。人工木を使うと高級感が出てきます。天然木のような温かみもあります。
バルコニーへのウッドデッキの設置は、専門業者へ依頼することができます。部屋とバルコニーの段差を少なくすることが可能で、子供が遊ぶのも安全で洗濯物を干すのも楽な場所になります。人工木は、ささくれができません。安心して裸足で歩くことができます。快適な空間作りができ、見た目もおしゃれになります。水勾配を付けると、水はけがよくなり雨も気にならず気持ちよく過ごせます。

pick up contents

  • ウッドデッキを人工木材で作るメリット

    ゆっくりとくつろげるスペースとして、子供や大人に人気なのがウッドデッキバルコニーです。休日には、ウッドチェアに座って日々の疲れを取った…

  • 人工木材でウッドデッキを設置しよう

    バルコニーにウッドデッキがあると、おしゃれな雰囲気になります。また裸足で外に出ることができるので便利になります。ウッドデッキに適した素…

  • バルコニーにウッドデッキで部屋を広く使う

    バルコニーにウッドデッキを敷き詰めると、部屋を広く使うことができます。一戸建てではなくても、アパートやマンションの2階以上のバルコニー…

  • ウッドデッキは人工木材と分割式を取り入れる

    庭にウッドデッキを設置するのが難しい都市型住宅や狭小住宅では、バルコニーにウッドデッキを作るという方法があります。リビングや夫婦寝室に…

update list